世界保健機関(WHO)グローバルインフルエンザプログラム・メディカルオフィサーの進藤奈邦子氏は2月5日、第25回日本環境感染学会で講演し、新型インフルエンザに対する抗インフルエンザ薬の予防投与について、「ウイルスの耐性化を防ぐためにも、治療と同じ投与量を用いるべきだ」と訴えた。

WHO進藤氏、「新型の予防には治療と同じ投与量を」の画像

ログインして全文を読む