10年以上にわたって物議を醸していた1本の論文が、Lancet誌から消えた。同誌の編集者たちは、2010年2月2日、この論文をLancet誌の掲載記録から完全に抹消するとの声明を発表した。

ログインして全文を読む