感染症児と接触することが多い小児科病棟の職員は、感染症にかかりにくい――。こうした傾向を示唆する研究結果が明らかになった。1月30、31日に開かれた第21回日本臨床微生物学会総会で、国立病院機構栃木病院感染アレルギー科、臨床研究部の山口禎夫氏(写真右)らの研究グループがポスター発表した。

小児科病棟の職員は感染症にかかりにくい!?の画像

ログインして全文を読む