厚生労働省は1月8日、第7回薬事食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会および第4回新型インフルエンザ予防接種後副反応検討会を合同開催(座長は独協医科大学特任教授の松本和則氏)。新型インフルエンザワクチンの接種後副反応の頻度や重症度などについて、これまでと変わらず大きな問題がないことを確認した。

ワクチン接種後、間質性肺炎などの増悪例が目立つの画像

ログインして全文を読む