厚生労働省は12月8日、グラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンに関する、カナダでの調査結果を発表。高頻度で副作用が起きたとされる特定ロットについて、品質上の問題が確認されなかったことを明らかにした。

ログインして全文を読む