11月30日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会が開かれ、厚生労働省研究班(研究代表者:国立感染症研究所感染症情報センター長の岡部信彦氏)が、2009-10シーズンのインフルエンザ罹患に伴う異常行動が既に151例報告されていると発表した。

ログインして全文を読む