高齢者医療制度をどう設計するか――。厚生労働省は11月30日、廃止が決まっている後期高齢者医療制度に代わり、新たな制度のあり方を検討する「高齢者医療制度改革会議」(座長・東京大学大学院法学政治学研究科教授の岩村正彦氏)の初会合を開催した。

ポスト後期高齢者医療制度の議論がスタートの画像

ログインして全文を読む