カナダでグラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンを接種した人に、高頻度で副反応が起きたとされる問題で、厚生労働省は現地に調査団を派遣し、11月30日から調査を開始する。

ログインして全文を読む