国立がんセンターがん対策情報センターが、全国のがん診療連携拠点病院が行っている院内がん登録の全国集計結果を、同センターのウェブサイトに公表した。2007年の1年間に登録された約32万症例について、癌の部位、発見経緯、病期(ステージ)、治療法などが集計、分析されている。

ログインして全文を読む