厚生労働省は11月11日、新型インフルエンザワクチンに関する有識者との意見交換会を開催。そこでの結論を踏まえて同日、厚労大臣の長妻昭氏(写真)は国産ワクチンの接種回数について、高校生以下の年齢層を除き、原則1回接種とすることを発表した。

妊婦や基礎疾患患者のワクチン接種は原則1回の画像

ログインして全文を読む