トムソン・ロイター社は、同社の学術文献引用データベースである「Web of Science」に基づく独自の方法で、ノーベル賞の有力候補者を公表している。2009年は、テロメア、テロメラーゼの発見とその先駆的な研究を行った、米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン氏ら3人のノーベル医学生理学賞受賞を的中させた。引用分析を行う同社のサイテーション・アナリスト、デビッド・ペンドルベリー氏に、論文の被引用回数で研究者を評価することの意義と、その具体的な方法について聞いた。

論文の質が高ければ、引用は後から付いてくるの画像

ログインして全文を読む