厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の4回目の会議が11月2日に開かれた。今回は療養病棟においてどのようにチーム医療を実施しているかについてヒアリングを行うとして、日本慢性期医療協会会長の武久洋三氏と、青梅慶友病院看護介護開発室長で老人看護専門看護師の桑田美代子氏が参考人として出席した。

ログインして全文を読む