「女性医師の活用といっても、妊娠した女性医師を優遇するだけではチームワークが崩れてしまう。男女とも平等に扱わなければならない」―。10月17日に東京女子医大で開催された第47回日本医療・病院管理学会学術総会のシンポジウム「女性医師のさらなる活用を目指して」で板橋中央総合病院の森田豊氏が指摘した。

「女性医師の活用を病院全体の仕組みの改善のきっかけに」の画像

ログインして全文を読む