米食品医薬品局(FDA)は10月23日、未承認の抗インフルエンザ薬ペラミビルを、2009 H1N1の感染が確定した、または感染が疑われる特定の成人と小児の入院患者に適用することを認める緊急使用許可(EUA)を出した。ペラミビルは、米BioCryst Pharmaceuticals社が開発した新規の静注用ノイラミニダーゼ阻害薬で、米国での開発は現在フェーズ3段階にある。日本では塩野義製薬がこの製品の開発を行い、年内に承認申請提出が予定されている。

ログインして全文を読む