10月19日、国内の3法人が製造した新型インフルエンザワクチンが初出荷され、最優先接種対象者となっている医療従事者への接種がスタートした。しかし、診療所にワクチンを重点的に配布した地域では、基幹病院に最低限の量すら届かない非常事態となっている。

ログインして全文を読む