厚生労働省医政局指導課課長の新村和哉氏は10月17日、日本医療・病院管理学会学術総会のシンポジウムで地域医療再生基金のあり方に関して言及し、補正予算の見直しに伴って減額されるほか、各都道府県2カ所ずつに公平に交付する形に変更される見込みだとした。

地域医療再生基金は800億円減額の画像

ログインして全文を読む