日本医師会は、10月15日から、勤務医を対象としたEメールによる健康相談を始める。精神科医ら9人の医師が相談員を務め、ストレスや長時間労働で脅かされがちな、勤務医の心身の健康の維持を図る。

ログインして全文を読む