癌患者の清郷伸人氏が混合診療の容認を求めた行政訴訟で、東京高裁は9月29日、原告の請求を棄却する判決を言い渡した。2007年11月に東京地裁は「混合診療を禁止する国の政策は違法」とする判決を下しており、一審と二審では全く逆の判決となった。清郷氏は記者会見で上告する意志を表明している。

「混合診療の禁止」は適法の画像

ログインして全文を読む