季節性インフルエンザワクチンの投与量を増やしても安全性などに問題はなく、場合によっては増量した方が効果が高い可能性があることが分かった。9月26日、27日にかけて行われた日本ワクチン学会学術集会で、国立病院機構三重病院名誉院長の神谷齊氏が発表した。

ログインして全文を読む