「これまでの季節性インフルエンザとは違い、入院例に呼吸障害が多い」――。 日本小児科学会が9月23日に開催した緊急フォーラム「迫りくる新型インフルエンザ・パンデミックと小児科の臨床的課題」で、都立府中病院小児科医長の寺川敏郎氏は、新型インフルエンザの特徴についてこのように語った。

新型インフルエンザではやはり呼吸障害が多いの画像

ログインして全文を読む