新型インフルエンザによる脳症の発症頻度や発症年齢は、これまでの季節性インフルエンザと異なる可能性があることが、9月23日、日本小児科学会が開催した緊急フォーラム「迫りくる新型インフルエンザ・パンデミックと小児科の臨床的課題」で明らかになった。

ログインして全文を読む