可能な限り、抗インフルエンザ薬を早期から投与すべきである――。日本感染症学会は、9月15日、「一般医療機関における新型インフルエンザへの対応について」(第2版)と「新型インフルエンザ診療ガイドライン 」(第1版)を発表。すべての新型インフルエンザの感染者について、早期から抗インフルエンザ薬による治療を行うことを推奨した。

ログインして全文を読む