厚生労働省は9月2日、2007年度の国民医療費は34兆1360億円と発表した。前年度の33兆1276億円に比べて3.0%増加し、過去最高額となった。国民医療費とは医療機関での病気やけがの治療にかかる費用を推計したもので、診療費、調剤費、入院時の食事・生活医療費、訪問看護医療費などのほかに、健康保険で支給される移送費などが含まれる。

ログインして全文を読む