日本医師会は9月2日、「勤務医の健康の現状と支援のあり方に関するアンケート調査」の結果を発表した。本調査は、日医が2008年6月に設置した「勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会」(委員長:東海大精神科教授 保坂隆氏)が、09年2月に実施。様々なストレスを抱える勤務医の現状を把握し、具体的な施策の提案などにつなげることを目的としている。

勤務医の約半数が「1カ月の休日は4日以下」の画像

ログインして全文を読む