新型インフルエンザワクチンの接種に向けた議論が活発化してきた。厚生労働省は、8月20日、27日に「新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会」を開催し、ワクチンを接種する優先順位やワクチン輸入の是非について、各学会や患者団体、薬害被害者団体などに意見を聴取。また、舛添要一厚労大臣は、8月26日に専門家や患者から意見を聞いた。

医療関係者、基礎疾患患者、妊婦を優先の画像

ログインして全文を読む