新型インフルエンザで2人目の死亡例が確認された。神戸市新型インフルエンザ対策本部が、8月18日に公表した。死亡したのは、神戸市垂水区に住む70代男性。肺気腫、糖尿病、高血圧の基礎疾患を持っており、糖尿病による腎不全で週に3日、腎透析を受けていた。

ログインして全文を読む