ブタ由来の新型インフルエンザウイルスA/H1N1は、季節性インフルエンザウイルスに比べて、肺でよく増殖する―。新型インフルエンザ感染でウイルス性肺炎が起きる理由について、東大医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染研究分野教授の河岡義裕氏は8月6日、最新の研究成果を発表した。

新型インフル感染でウイルス性肺炎が多発する理由の画像

ログインして全文を読む