厚生労働省の「病院勤務医の勤務環境改善に関する研究」の2008年度の研究班はこのほど、「妊娠・出産・育児中の女性医師が働きやすい職場づくり」と題したパンフレットを発表した。研究班は現在子育てしながら働いている女性医師の支援策を提言することを目的に調査を実施。有効な施策をパンフレットにまとめ、臨床研修病院、周産期医療センター、各都道府県などを中心に約5000部を配布する。

ログインして全文を読む