2008-09年シーズンに抗インフルエンザ薬を使用した約2000例において、有害事象の発現率は13.7%であることが、山梨県薬剤師会のDEM(Drug Event Monitoring)事業で明らかになった。同薬剤師会医薬・環境情報委員会委員長の須藤はじめ氏が明らかにした。

抗インフルエンザ薬服用者の有害事象発現率は13.7%の画像

ログインして全文を読む