民間の信用調査機関、東京商工リサーチは、7月8日、2009年上半期(1月〜6月)の倒産集計を発表した。歯科を含む病院・医院の倒産(負債額1000万円以上)の件数は39件。08年の年間発生件数36件を、半年で上回った。負債総額も184億円に達し、やはり昨年の年間合計176億円を超えた。

ログインして全文を読む