厚生労働省は6月19日、今年度からレセプトのオンライン請求が義務化された医療機関の実施状況を発表した。今年4月にオンライン請求が義務付けられたのはレセプトの電算化が完了している400床未満の病院5678施設と、400床未満でレセコンを導入しており、そのレセコンが厚労省が配布するレセコンの電算化対応ソフト「レセスタ」に対応している施設。

ログインして全文を読む