6月19日、特定非営利活動法人日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」(略称:「若手外科系医師を増やす会」)の設立を発表する記者会見が都内で行われた。同会は理事長の松本晃氏(ジョンソン・エンド・ジョンソン元社長)が外科医の減少・高齢化に危機感を持ち、国際医療福祉大副学長の北島政樹氏らに会の結成を呼びかけて発足したもの。

若手外科医の増員を目指すNPO法人が発足の画像

ログインして全文を読む