厚生労働省は6月19日、原則として新型インフルエンザに感染した軽症例を自宅待機とすること、有症者へのPCR検査を実施しないことなどを盛り込んだ「医療の確保、検疫、学校・保育施設等の臨時休業の要請等に関する運用指針」の改訂版を発表した。

ログインして全文を読む