厚生労働省薬事・食品衛生審議会の安全対策調査会は16日、インフルエンザ治療薬のオセルタミビル(商品名タミフル)と異常行動との因果関係について、「明確な結論を出すことは困難」との結論をまとめた。その上で、10代の未成年者には原則としてタミフルの使用を控えることという現行の対策は、「変更する積極的な根拠が得られている認識ではない」として、継続することになった。

ログインして全文を読む