女性医師数が増加の一途をたどる一方で、女性医師が学会の評議員や役員に選ばれる割合は総じて低いことが、日本外科学会女性外科医支援委員会が実施した調査で明らかになった。

ログインして全文を読む