近畿大学医学部は2月25日、死亡時画像診断(Ai:オートプシー・イメージング)システムを新たに導入したと発表した。3次元画像処理機能を備えた法医学専用のAiシステム導入は国内初だという。

近畿大、法医学教室専用の死亡時画像診断システムを導入の画像

ログインして全文を読む