胃痛、胃もたれ、胸やけなど、日常診療で頻繁に遭遇する機能性胃腸症(functional dyspepsia:FD)に最適な薬剤はプロトンポンプ阻害薬(PPI)。PPI、H2受容体拮抗薬、胃運動機能改善薬、胃粘膜防御因子増強薬について、上腹部症状への効果を比べた国内多施設試験J-FOCUSの結果が、2月12〜13日に東京で開催された日本消化管学会で報告された。

ログインして全文を読む