日本小児アレルギー学会は2008年12月13日、3年ぶりの改訂となる「小児気管支喘息・管理ガイドライン2008」(JPGL2008)を公表した。基本的には前回のガイドライン(JPGL2005)を踏襲しているが、新たな薬剤を追加したり、重症度と治療ステップとの関係を分かりやすく整理したりするなどの変更が加えられた。

ログインして全文を読む