日本SGI(本社:東京都渋谷区)と東京慈恵会医科大学高次元医用画像工学研究所所長の鈴木直樹氏は共同で、四次元人体モデルをソフトウエア化した「Virtual Anatomia(バーチャルアナトミア)Ver.1.5」を開発した。昨年に販売を開始したVer.1.0に、新たに170の定量的な骨格筋のデータを加えた。

3次元MRI像で骨格や筋肉の動きをリアルに再現の画像

ログインして全文を読む