診察室に入った患者は、医師が終始まじめな顔で話すより、笑顔を交えながら話すことを好む――。そんな調査結果を、9月27日に開かれた第26回国際パフォーマンス学会で、日大芸術学部教授の佐藤綾子氏、昭和大眼科講師の藤澤邦見氏、昭和大藤が丘病院眼科准教授の綾木雅彦氏の共同研究グループが発表した。

ログインして全文を読む