ガチフロキサシン販売中止の背景には、製薬企業による広範な販売体制の下で、医師が単なる風邪などの患者に対しても数多く処方するという“抗菌薬の乱用”があった、と専門家は指摘する。

ログインして全文を読む