厚生労働省は08/09シーズンのワクチン需要を2145万本〜2400万本と推計。ワクチンメーカー4社の製造予定量(最大量)は2510万本なので、十分な供給量が確保できるとした。過不足の少ない供給を実現するために、返品を前提にした注文・在庫管理を行なわないよう、医療機関への指導を都道府県に求めている

ログインして全文を読む