厚生労働省の「医療における安心・希望確保のための専門医・家庭医(医師後期研修制度)のあり方に関する研究」班会議の初会合が9月22日、開催された。「安心と希望の医療確保ビジョン」具体化に関する検討会の報告書を受けて、医師の後期研修のあり方を見直すのが目的。今年の年末まで議論を行い、年明けには素案をまとめる方針だ。

ログインして全文を読む