ビフィズス菌は腸内細菌叢の中で最も優勢な菌の一つで、整腸作用があるとされているが、ヒトを対象に腸管への作用を検証したデータはほとんどなかった。このほど、日本人女性50人(平均年齢19.43歳)を対象に、ビフィズス菌BE80入りヨーグルトを用いた、プラセボ対照の無作為割付二重盲検クロスオーバー試験によって、腸管通過時間や排便頻度・排便量が増加することが確認された。試験を行ったダノンジャパンは「健康な若い女性での整腸効果が明らかになった」と話す。

ビフィズス菌BE80の整腸効果を日本人対象の初の臨床試験で確認の画像

ログインして全文を読む