日本医師会は、8月6日の定例記者会見で、「2008年度緊急レセプト調査」の結果を発表した。今年4〜6月のレセプトの総点数は、前年同期比で0.31%マイナス。病院は0.68%微増したものの、診療所がマイナス1.85%と大幅に減少し、診療所にとって厳しい改定の実態が明らかになった。

診療所のレセプト総点数が1.85%減少の画像

ログインして全文を読む