厚生労働省の「救急医療の今後のあり方に関する検討会」は7月30日、中間取りまとめ案を公表した。その柱の一つが、救急医療機関に対する「評価」の見直し。2次救急施設について、体制や実績の評価に基づく支援策を講じる必要があるとしている。現行の3次救急施設に対する評価方法の見直しも提言した。

ログインして全文を読む