医療法人稜歩会神戸クリニック(神戸市中央区)は米AMO社が開発した新方式のレーザー近視矯正術(LASIK)である「iLASIK」を導入。札幌、東京、神戸、小倉の4カ所のクリニックで、6月から本格的に開始した。従来のLASIKとの大きな違いはフラップ作成がコンピューター制御になったことで、米国防総省がパイロットに対する手術として承認している唯一の視力矯正術。LASIKの価格競争とは一線を引き、新技術の優位性をアピールする。

神戸クリニック、iLASIKを国内4カ所で展開の画像

ログインして全文を読む