小顎症や癌切除など、顔面の骨欠損に移植する人工骨。欠損部の形状にぴったり合うよう成型する新技術を用いた、カスタムメイド人工骨の臨床試験が7月から東大など全国10施設において始まった。東大ティッシュ・エンジニアリング部部長の高戸毅氏が7月14日に公表し、「欠損部に密着する形状を作成できるため、自家骨に早く置換される上、ある程度の支持性を保っていること」と特徴を説明した。

カスタムメイド人工骨の臨床試験スタートの画像

ログインして全文を読む