今年4月の診療報酬改定で、24時間血圧計の使用に200点が付いた。携帯型の血圧計を使用するので、外出先や睡眠中でも血圧を測定することができる。「夜間から早朝にかけて血圧が高いと分かった患者に、朝に服用していた薬を夕食後に服用するように指導したところ、コントロールが劇的に良くなった」と黒田内科・循環器科(宇都宮市)院長の黒田敏男氏は導入のメリットを語る。

保険点数が付いた24時間血圧測定にメリットはあるかの画像

ログインして全文を読む