大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター小児科の亀田誠氏らは、食物アレルギーを持つ患者がアナフィラキシー補助治療薬アドレナリン(商品名:エピペン)を実際に使用した症例を踏まえて、エピペンの使用における問題点を指摘するとともに、適切な使用を指導するポイントをまとめた。

エピペンの適切な使用を指導するポイントとはの画像

ログインして全文を読む